せどりとは?

スポンサードリンク





こんにちは。

よったです。

今日は「せどりとは?」について書きたいと思います。

「コンビニで立ち読みした雑誌に”せどり”が記事になっていた」

「副業で”せどり”というのが流行っているけど、せどりって何?」

「”せどり”って簡単に稼げるの?」

「どこから仕入れてどこで販売するの?難しくない?」

「帰りが遅くても出来るのかな?」

せどりをはじめて知った時に思ったことです。

雑誌には実際にせどりで稼いでいるという人達が何人も取り上げられています。

そんなに簡単に稼げるのでしょうか?

ウィキペディアから引用すると、

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

うん。よくわかりませんね。

もう少しわかりやすく説明すると、

安く売っているところから買って(仕入れて)

高く売れるところで販売してその差額で稼ぐビジネスです。

実店舗でもネットショップでもオークションでも

それぞれに利用しているお客さんがいます。

そして、それぞれ客層が異なっているんです。

異なる客層なので、

売る側もそれぞれの客層に向けて売れる価格で販売します。

例えば、

ブックオフであれば、ブックオフに来る客層に対して

ヤマダ電機であれば、ヤマダ電機に来る客層に対して

アマゾンであれば、アマゾンに来る客層に対して

それぞれ客層が異なるので、

その客層によって高く売れる商品が異なります。

そして売れなければ値下げします。

どうしても差額が発生してしまうんですね。

その差額がある商品を探して、

安く買える場所から高く売れる場所に商品を流通させるのが”せどり”というビジネスです。

もう少し具体的に言うと、

ブックオフで108円で売っている本がありました。

その本はアマゾンでは3000円で販売されています。

ブックオフで仕入れてアマゾンで売るとその差額が利益として残ります。

(実際には手数料や交通費、配送費を差し引いて考えないとですが)

せどりについて少しでも理解できたでしょうか?

この記事で、

あなたの疑問が少しでも解決できれば幸いです。

ではでは。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする